So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
┌ 書道・手芸・工作・陶芸ネタ。 ブログトップ
前の10件 | -

本日は書道のお稽古 [┌ 書道・手芸・工作・陶芸ネタ。]


 今日は午後の部に行ってきました~。
 で、たなばた競書大会の作品を
 無事に提出することができました~。(*^▽^*)

続きを読む


本日は書道のお稽古 0626 (追記有り) [┌ 書道・手芸・工作・陶芸ネタ。]


 今日は午後の部と夜の部の両方に出ました。

 あまり書けてないので

 木曜にもう1度行きます。


 


続きを読む


本日は書道のお稽古 0320 [┌ 書道・手芸・工作・陶芸ネタ。]


 今回は、午後の部と夜の部と
 両方に出ました。
 てか、午後の部に捗らなかったので
 夜の部に持ち越しました。

 今回から条幅って半切の紙に書く課題を始めました。
 午後の部にG先生がいらしたので
 ちょっとだけやり方を伺って
 黙々と書いていたのですけど
 娘先生もG先生も見に来てくれなくて
 (大先生は、いませんでした。)
 おかしいな~って思ったら
 娘先生、私が初めて条幅書くって知らなかったのです。Σ( ̄▽ ̄;;)
 「用具が揃っているし書いたことあるって思ってたけど~。」
 なのだそうです。(^^;
 用具、娘先生不在時に
 大先生に揃えて頂いたので
 全く知らなかったらしいです。

 てか、G先生も
 私が大きいの(条幅のこと)を書いたことあると思っていたらしくて
 ほっとかれちゃったんですよ。
 あははは(^^;

 で、初めてだから
 慣れないおろしたての筆を操るのに精一杯で
 とても出せる状態じゃないので
 夜の部にもお稽古したのですよ。
 それでたくさん練習して
 やっとお清書に入ることができました。


 


 どれが私のでしょう?( ̄ー ̄*)



 左のは、大学生の子ので
 本当の名前で書いているので
 名前は消しちゃいました。
 なので右か真ん中です~。(*^ー^*)
 ぴかりんフリークなら(てか、いないって(*´艸`))
 雅号が何かわかるかな?( ̄ー ̄ )

 正解は、真ん中のがぴかりんのです。

 初めて出した清書ですが
 もぉ、恥ずかしい限りの作品になりました…。(つ_;)
 おっかなびっくりで書いているので
 崩しを頭にたたき込んで
 もっと書き込む必要がありますね。
 日々精進です。
 次もっと良いのが出せるように
 精一杯頑張ります~。(`Д´)ノ




本日は書道のお稽古 0310 [┌ 書道・手芸・工作・陶芸ネタ。]


 えらいことになりました…なのかな?
 今月号から
 条幅課題を書くことになりました。
 (↑半切の大きさです。)

 てか、何となくそんな予感があったので
 覚悟はしていましたが
 やっぱりそうでした。

 まずは、昇段しました。
 何段かは内緒ですが…(^^;

 てか、私の場合
 お勉強しながら講師をやっていたので
 ビックリするくらい低い段です。(^^;
 しかも漢字部は2年ぶりなので
 簡単には上がらないだろうと思っていたのですが
 2月号の作品が
 1回ずつしか書いてないのにも関わらず
 思いの外書けていたので
 『こりゃ~上がるだろうな~。』
 なんて思ったら上がってました。
 こう言う予感、よく当たります。

 ってことで、添削後の作品です。


 

  2月号 楷書課題



 

  2月号 行書課題



 展示してある場所が違うので
 ちょっと色合いが違います。(^^;
 悪しからずなのです。



 で、今月から4月号を書くので
 新年度の始まりで
 課題が少し易しくなるのですよ。
 でも、その方が実は難しい時が多いです。
 今回も画数の少ない字があるので
 バランスが難しいです。


 

  4月号 楷書課題



 ちょっと、下から撮ったので
 角度が悪いですが
 こんな課題だってことで(^^;

 てか、『気』が難しいです…。
 『気』だけ何度も稽古したのですが
 全然ダメでした。
 『発』もはつがしら(部首)が大きくなり過ぎたので
 不格好になっちゃいました。
 次回は気をつけます。
 (てか、多分家で書きます。)

 さてさて、次回から大きいの書くことになります。
 果たして上手く書くことができるのか?
 今からちょっと緊張です。




本日は書道のお稽古 0227 [┌ 書道・手芸・工作・陶芸ネタ。]


 ちょっと遅くなりましたが
 先週のお稽古風景を。

 先週の火曜日
 1530からのお稽古に出掛けたのですが
 調子よく書いていたら
 お清書を提出する段になって気が付いたのですよ…。

 それ先月号の課題でした…orz...
 (かなーりお間抜けです。(^^;)

 自分で気付いたのですが
 娘先生も違う課題なのでは?と思っていたらしく
 2人で顔を見合わせて
 大笑いしちゃいました。

 なので、気を取り直して
 一旦帰宅して食事をしてから
 1900からの夜の部にも参加しました。

 今回書いたのは
 3月号の行書課題。


 


 多分ですけど(記憶あやふや…漢文苦手だったの)
 杜甫の『春望』の一節だと思います。

 国破山河在(国破れて山河在り)
 城春草木深(城春にして草木深し)


 こんなのでしたよね?

 今回は、午後の部で肩慣らしをしたせいか
 自分でもいつもより上手く筆を運べた感じがします。
 もちろん作品的にはまだまだなんですけど
 ここ最近では珍しく
 自分で納得することができた1枚です。

 これで年度末を迎えたので
 今度の4月号からは
 ちょっとだけ簡単な課題になります。
 (3月が1番難しい)

 来年度の目標はまだ考えてませんが
 とりあえず手の震えに慣れて
 もう少し上手く筆が運べるように
 努力していくってことでしょうか。
 当初よりはずいぶんと楽になりましたが、
 あと一息ってところです。



 


何とかお片づけ<書道展 総会にも出席<親睦会 [┌ 書道・手芸・工作・陶芸ネタ。]


 さっき、作品展の片づけと

 親睦会の総会から帰ってきました~。



 片づけの方は、何とかなりました。

 やっぱり私は体育会系です。(^^;

 こう言う時に真っ先に動いちゃいます。

 で、テキパキしちゃってます。

 だから、いつも来て欲しいって言われちゃいます。(^^;

 てか、他の方は

 皆さん私よりも年上の方なので

 私が動くのが当たり前なんですけどね。

 こんな考え方が体育会系みたいです。(^^;

 しかも苦手な方がいらしたのに

 作業していると全然苦になりません。

 つか、普通に接することができます。



 と言うのか、

 対人関係に悩みを持っている感じには見えないと思います。

 どうしても合わせちゃうので

 別に何ともないんですけどね。

 その場に入るまでが憂うつなんです…。(-.-;)

 入ってしまえば

 皆さん好意を持って接して下さるのがわかるので

 安心できるんですけどね。

 ホント、対人コミュニケーション障害がある人には見られないです。(^^;



 ってことで、片づける前に

 もう1度皆さんの作品を見て回りました。

 そこで、気になる作品とかを

 またカメラに納めてきました。



 

  大先生作



 見事な楷書です。

 これ、1枚きりしか書いてないそうです。

 私だったら5枚くらい書きそうです。(^^;





 

  お友達の先生作



 展示の日にお話ししていたお友達の作です。

 この方も大先生のお弟子さんの1人で

 今は、自分でお教室を開いています。





 

  元お稽古仲間の先生作



 最近、大先生のところから独立した

 元お稽古仲間の作品です。





 

  お稽古仲間作



 独身OLな子の作品です。

 仕事しながら書道もお勉強している

 ものすごく努力家の方です。





 で、片づけが終わったら

 総会の方にも出席。

 つか、総会に出ているのは

 ほとんどがお教室を開いている先生方。

 お弟子さんたちはあんまり参加しないので

 成人が多いうちの教室に動員がかかるんです。(^^;

 総会は、10分足らずで終わるので

 そんなには苦じゃないです。

 それに後の方に座っていたら

 お稽古仲間だった方が来てくれたので

 知らない方ばかりだけど

 気負わなくて済みました。



 って、本当に大丈夫だったかは

 明日になってみなければわかりませんが(^^;

 多分、大丈夫でしょう♪

 無事に済んで良かった~。



 


成人書道展なのだ~。(*^ー^*) [┌ 書道・手芸・工作・陶芸ネタ。]


 ちょっと触りだけ…。



 

   ぴかりん作





 

   娘先生作





 

   大先生とG先生作





 

   今日一緒に作業した方々作





 こう言う作業で思うのは

 やっぱりぴかりんは体育会系的なことが

 見事に身に付いているってことです。



 頭の方は文化系だと思うのですが

 体の方は完璧に体育会系です。(^^;



 普段は腰が重いのに

 こう言う作業の時は

 とにかくよく動きます。

 てか、それが気持ちいいです。



 で、結局、作業が終わってから

 皆さんとお食事しました。(^^;

 いつもは10名前後集まるのに

 今回は、お手伝いの方が少なくて

 4名だけで食事しました。

 しかも仲良くして下さる方ばかりだったので

 楽しくお話ししながら食事しました。



 つか、全員母と同年配の方々で

 私がご自身のお子さんと同じくらいの年齢なので

 可愛がって下さいます。



 ありがとうございますなのです。(ぺこり)



 その食事の後に

 また会場に戻ってじっくり観賞しようとしたら

 今日の受付当番が

 他の書道教室をやってられる

 知り合いの方で(しかも娘先生の大親友)

 ずっと話し込んでました。(^^;

 でも、不思議と疲れませんでした。

 今回は、何とか落ちずに済みました。

 上手くこなせたと思います。

 (たまに落ちることがあるんです、こう言う作業の後に…。(つ_;))



 話し込んだ後には

 じっくり観賞することができました。



 後は、11日の片づけの心配です。

 その時は、苦手な方もいらっしゃると思うので

 今からちょっと気が重いですね…。(A^ー^*)  


本日は書道のお稽古 0201 [┌ 書道・手芸・工作・陶芸ネタ。]


 今回は、3月号の楷書を書きました。

 火曜に行ったばかりだったけど
 せっかく良い調子で書けたので
 日にちを開けずに行こうと思い
 2日後の木曜に行きました。

 で、始めようと思ったら
 仲良くして下さる方が来たので
 隣同士で和気藹々とお稽古してました。

 はい、集中できません。(苦笑)

 でも、楽しくて気分転換にはなったので
 良しとしました。

 彼女は、5時には帰るので
 5時まで練習をして
 5時過ぎからお清書を書きました。
 何とか書けました。(ホっ)

 てか、お清書前の添削が大先生だったので
 お清書OKの声がもらえるか心配でしたが
 何とかもらうことができました。

 でも、その時に
 「あんたはもっと自信を持ちなさい。
  前はあんなに書けていたのに。」
 と、また言われちゃいました。

 あぁ、バレバレです。

 けど、前回同様
 ちょっとはマシになってきた感じです。

  

 今回提出した課題作品です。

 今回も掲示してあるのを
 携帯カメラで撮ったので
 見栄えはよくありませんが掲載します。

 1つ1つの形は
 何とか様になっていますが
 止めやはねの部分で
 まだまだ甘さが見られます。
 次回は、もう少しその辺に留意して
 書き上げたいと思います。

 提出を終わってから
 娘先生も
 「字に肉が付いてきたね。」
 と、褒めて下さいました。
 てか、ブランクもあったので
 かなり心配してくれていたようです。
 ありがとうございます。

 徐々に手の震えを気にせずに書くコツを
 掴めてきたようですし
 完全復帰には至らないかも知れないけど
 何とかなりそうな感じです。


本日は書道のお稽古 0130 [┌ 書道・手芸・工作・陶芸ネタ。]


 今日は、ちょっと調子が良かったので
 書道のお稽古に行ってきました~。

 火曜の午後の部は
 低学年の女児ばかり来る日。
 (別に指定日でもないけど、何故か集まる(^^;)
 結構、賑やかだけど
 気は遣わなくて良いから楽なのです。
 今日は、どうも受験のためか?
 学校が終わるのが早かったのか?
 いつもはいない中学生男児が1人いました。

 さてさて、本題のお稽古の方ですが
 今日は、2月号の楷書を書きました。
 てか、3月号がもう来ているので
 今頃、2月号書いていると
 大先生に大目玉食らっちゃいます(^^;
 なので、添削してもらうタイミングをちゃんと謀って
 大先生が退席した時に
 G先生のところに持って行きました。

 てか、G先生
 一緒に指導をしていたので
 私の添削はしづらいと…(^^;
 でも、それでは困っちゃうので
 2個所ほど指導してもらいました。

 ありがとうございました~。(ぺこり)>G先生

 ってことで、
 こそっとお清書に入って
 黙々と書き上げました。

 つか、2月号難しい~!(>_<)
 簡単な課題になる4月号が待ち遠しい!!!

 とりあえず、
 3枚書いて
 1枚提出することができました。
 2月号は、楷書1回、行書1回しか書いてないけど
 ここで手打ちにしちゃいました。

 期日までに出すことに意義があるっ!
 (って、期日月半ばなんだけど…(^^;)

 今の調子では絶対に昇段はないので
 諦める時はスパッと諦めます。

 てな訳で
 出来はイマイチですが
 本日提出した楷書課題です。


 


 乾かすために掲示してあったのを
 携帯で撮ったからちょっと見づらいけど
 こんな感じです~。

 無事出せて良かった良かった~。(*^ー^*)


 で、今回はお話がここまでではなくて
 2月6日からの作品展の手伝いを頼まれました。
 うーん…断れない…(^^;
 ご年配の方が多いので
 どうしても私たちの年代に依頼が来るんですよ~。
 当日、調子が悪かったら困るけど
 知った方ばっかなので
 とりあえず参加することになりました。
 仕方がないですね。

 運良く5日にK先生のカウンセリングがあるので
 その時に不安だったらそこで吐き出して
 6日に手伝いをして
 そこで調子を崩しても
 7日にM先生のカウンセリングで聞いてもらって
 って、万全の体制が整っているので(^^;
 あまり不安がらずに参加したいと思います。

 それと、親睦会の総会にも出ることになりました。
 作品展の片づけと並行して総会があるので
 どっちか選択をするのですが
 娘先生に総会の方が少ないからと
 そっちへ出席するように頼まれました。
 まぁ、お話聞いて
 賛成の挙手だけでいいはずなので(^^;
 参加することにしました。

 不安がっていても仕方がない。
 さぁ、次は3月号頑張るぞ~(`Д´)ノ


本日は書道のお稽古 0108&0120 [┌ 書道・手芸・工作・陶芸ネタ。]


 実は、土曜日のお稽古で
 少し吹っ切ることができました。

 復帰してからは、
 練習で書いたり
 お清書の失敗作を
 家に持ち帰ることが多かったのですが
 土曜日のお稽古では
 その日分をきれいさっぱり置いてきました。
 (戦中派の大先生は、とても紙を大事にされるので
  生徒が置いていった半紙は
  押さえ紙や洗った筆を拭く時に使います。)

 今までは、何でか他の成人会員の方に
 私が復帰したことを知られるのが嫌だったのですよ。
 たまに成人が中心の夜間の部にも行くので
 (8日の月曜は夜間でした。)
 そこに来る方は復帰を知っているのですが
 木曜日の午前中の成人のお稽古日の方に
 あまり知られたくないんです…。

 この中にあからさまに私への敵意を示される方がおられて
 どうしてもその方が気になっちゃうんです。
 なので、あんまり知られたくないんです…。

 それに、どうしても手の震えが治らなくて
 (やはりお薬の副作用らしいです…。)
 自分本来の伸びやかさが全くない
 ぎこちない字を見られたくなかったのです。
 でも、土曜日は違っていました。

 土曜日は、何だか楽に書くことができました。
 得意な楷書ではなく
 むしろ苦手な部類の行書を書きました。
 しかもお手本のサイクル
 4月号 → 翌年3月号の順で
 徐々に難しくなっていくので
 今書いている2月号ってのは、
 難しい部類に入ります。
 でも、何故だか伸びやかに書けました。

 多分ですけど、
 実は、この日に作品を額に入れることができたんです。
 作品の裏打ちが終わってきて
 それを手持ちの額に入れて
 作品として完成しました。

 最後は妥協して
 イマイチの感のあった作品ですが
 それでも額に入れると
 立派な物に見えるので不思議です。

 でも、
 題材は『無我』なのに
 全然それとは正反対のもがきが見えまくっている作品なので
 本当は、作品展に出すのが恥ずかしいんです。

 けど、それが今の私の現状だし
 それに負けて作品や課題をサボったら
 今以上に書けなくなると思うんですよ。
 それを悟ったら
 何だか、紙を持ち帰っちゃう自分って
 小さなもんに思えてきたんですよ。

 『あぁ、私、何に向けてお稽古しているのか?』
 『書くことが好きで始めたんだろう?』

 私の中にあったのは
 元講師としてのちっぽけなプライド
 下手くそになった自分を
 自分とは認めたくない気持ちでいっぱいで
 自分から卑屈になっていたんだなと…。

 そんな中の作品でしたが
 1つ娘先生に褒められたことがありました。
 月曜の夜に落款を押したのですが
 土曜にその印影がめっちゃきれいだと褒められたのです。
 私の自慢は
 今まで1度たりとも落款押すのを失敗したことがないことなんです。
 それを言ったら
 「ひかりこ先生は集中力が違うもん。ものすごいもの~。」
 と、褒められました。
 落款押す時って家庭用の朱肉と違って
 練って柔らかくした肉を使うので
 その練っている時からが勝負なんです。
 私は、その練りが気に入らないと
 何回でもやり直すので
 それも良かったみたいです。

 『あぁ、私にも胸張れることあるじゃん。』
 『集中した時の気迫はものすごいじゃん。』

 自分にちょっと自信が持てました。
 そして、何だか吹っ切れた気がしました。

 今回、作品展に作品を出すので
 木曜の方々にも復帰が知れ渡りますが
 何かどうでもよくなっちゃいました。

 本当に駄作なので
 恥かいちゃうかもしれませんが
 今の私の現状、
 しっかりと見てもらいたいです。

 


前の10件 | - ┌ 書道・手芸・工作・陶芸ネタ。 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。